SSブログ
前の15件 | -

第160回深夜句会(9/9) [俳句]

(選句用紙から)

擁壁の上に学校葛の花

 擁壁の上に学校がある。その敷地のどこかから広がってきた葛が、いまでは擁壁全体を我が物顔に占拠している。上にあるのが私邸であれば、あるいは世間を慮って葛を取り除いてくれるのかもしれがいが、この学校にはそんなつもりはないらしい。しかしそのおかげで、葛の花を楽しむことができる。

秋晴れの地球を測る授業かな

 地球を測る授業ってどんなものだったか、すっかり忘れてしまったか、初めから覚えてもいなかったのか、全然わからないのだが、「秋晴れの地球を測る」がすばらしい。窓の外は秋晴れ、その秋晴れの、自分たちが乗っかっている球体のなにかを測ろうという試みが、「秋晴れ」とみごとに響きあっている。

秋の雲カーテンウォール流れけり

 いまでは減ってきたけれども、外壁がいちめんにガラスで覆われたビル。そこに、流れてゆく秋の雲が映っている。むろん夏の雲だって春の雲だってカーテンウォールを流れていくのだけど、同時に映っている秋の空と、見上げている側の爽やかさが違うぶんだけ、詠んでいるときの気分が強くなっている。

スプーンに顔をみてゐる秋思かな

 こういう秋思もあるのですね。「手鏡に」だったらシリアスで俳句にならないけれにど、スプーンなので、食事の途中でひょいと自分の顔を見たということなのだろう。それも、 スプーンに映る顔であるからして、もとより正確な映像ではないわけで、そこから導かれる秋思もいささかの俳諧味があって楽しい。

(句帳から)

仰向けの蝉の骸に雨そそぐ
秋晴や村社の先に見ゆる海

nice!(0)  コメント(0) 

アリソン・アトリー/上條由美子他訳『農場にくらして』(2000、岩波少年文庫) [本と雑誌]

20210428.jpg

見返しに手描きの地図がほしいところ。ミルンの「くまのプーさん」や、ランサムの「ツバメ号とアマゾン号」シリーズなどの魅力の一端は、その地図にあるので。

それはともかく、ここに書かれていることって、ことごとく季節の話であって、著者がひとつひとつの事物を描写するさまは、俳人が季題を見るのとちっとも変わらない。五七五になっていないことを除けば、一冊まるごと俳句であるとさえ言える。

あと、これはいつごろの話なのか考える。しぼった牛乳を鉄道で出荷する話が出てくるので、少なくとも鉄道があること、ヴィクトリア女王やグラッドストンが出てくるので、まあ19世紀末だろうと。同時代のひとびとには、この両者の不仲は知られていたのだろうか。
 
nice!(0)  コメント(0) 

第159回深夜句会(8/12) [俳句]

IMG_5497.jpg

ワクチン接種が全然進まない(予約が取れない)横で、史上最悪の数字がどんどん更新されていく事態に。自宅療養って、ものは言いようというか、要するに放置だし、これは一体何の悪夢なのだろう。

(選句用紙から)

かなかなの声に始まる朝かな

 季題「かなかな」で秋。薄暮や未明に鳴くひぐらしの声は、他の多くの蝉ときわだった違いがあるので、クマゼミやツクツクホーシの声で始まっていた夏の朝とは、その日の出の時刻も、雰囲気も、全然違ったもの、つまり「秋の朝」になってくる。

湧水に屈めば音の遠くなる

 季題「湧水」で夏。山中の湧き水か、都会の公園の湧水か、その湧水の水面に近づこうと体を屈めると、「音」が遠くなったという。その「音」は何の音だろう。湧水自体の音とは考えにくいので、湧水の傍をゆく渓流の音なのか、周囲を走る車の音なのかは定かでないが、季題に向けて近づいていくときに、それ以外のものが遠ざかっていくという対比は、それが実景であれば、それ自体がひとつの興趣でもある。

はりつめし百合のつぼみのほどけそむ

 花のつぼみは数々あれど、百合のつぼみは大きく硬く、独特の緊張感があるところを謳い、かつ、それが僅かにほどけはじめている、という周到な観察。

ヴィヴァルディの曲の如くや蝉時雨

 たくさんの俳人が、さまざまに蝉時雨を形容してきたところ、ヴィヴァルディとはこれいかに。ヴィヴァルディの協奏曲を聴いていると、32分音符や64分音符による同じ音形の細かい繰り返しが特徴的だが、これが蝉時雨のようだということか。形容の当否はわからないが、そう言われれば確かにそんな気がする。ただ、「曲の」はいかにも余計。

祖母の手の細きに光る花火かな

 「細き」が、余計なようでいて一句の要所を占めている。その細い手の先の光芒。

(句帳から)

踏切の際までホーム朝曇
ガード下の店のあかりが見え夜涼

 
nice!(0)  コメント(0) 

時刻表完全復刻版 1964年10月号(JTBバプリッシング、2019) [本と雑誌]

20200807.jpg
 自分が最初に読んだ「時刻表」は1968年10月号、いわゆる「ヨン・サン・トオ」改正の時刻表で、それより前の時刻表は復刻版でしか知らない。また実景としても、1967年以前のことは覚えていない。だから、この1964年10月号を読んでも、「へーそうなんだ」とは思うけど、懐かしいという気持はまったく湧かない。その点、同時代で1964年を知っている人が読むのとは違った味わい方になる(ちなみに1964年9月号の復刻版も出ている)。

その上で、思いつくままに感想を挙げると、
・長距離の普通列車がたくさんあったのですね。自分もその後、そうした列車に乗って大いに楽しんだのだけど。
・東海道本線の昼の時間帯に、優等列車がたくさん走っていたのですね。東海道新幹線開業と同時に一挙に消滅したわけではなく、時間をかけて減っていったということですね。
・北海道の鉄道の充実ぶりがすごいですね。また、北海道の鉄道の中心は札幌ではなく函館になっているのですね。
・地方私鉄、それも面白そうな地方私鉄がいっぱいあるのですね。

といったところだろうか。こんな時代に周遊券で旅行ができたら、楽しかっただろうな。
 

nice!(0)  コメント(0) 

第158回深夜句会(7/8) [俳句]

IMG_5432.jpg

(選句用紙から)

曲がるだけ曲がりてみゝず干からびぬ

 季題「蚯蚓」で夏。雨のたびに出てきては、もれなくアスファルトの上で干からびているように見えるみみずの、その干からびているさまが「曲がるだけ曲がって」いるようだという一句。どのような姿で干からびても「干からびている」事実に変わりはないのだけど、これ以上曲がりようがないぐらい曲がっている、と言われると、その苦悶のさまをあらわしているようで息苦しくなる。

山頂は三角点と夏の空

 どのような山なのか書かれていないが、低い山だと周囲に木が生い茂ったり隣の山が間近に見えたりして「三角点と夏の空」とはなりにくいので、ここは、ようやくたどりついた高峰の頂きで、むろん森林限界をとうに超えているので、岩に埋め込まれた標石以外には、周囲にも頭上にも夏の空ばかりが見える、といった風景が想像される。

川遊たうたうお尻ついてしまひ

 「たうたう」なので、作者はずっと、この子が遊んでいる様子を見ていたのだろう。しぶきを飛ばしたりしてずいぶん濡れてしまった上に、とうとう尻までついてしまった。まあしかし、これは事故というよりお約束ともいえる展開で、遊び終えたら着替えて帰るのだけど、予期していたとおりに全身ずぶ濡れになってしまったね、という一句。

形代を納むる箱の小さきこと

 季題「形代」で夏。人の形に切った紙にけがれを移して流すのだけど、その紙を納めた箱が、思っていたよりもずっと小さかった。やろうとする大事に比べて、ずいぶんと小さい箱だなあ、こんな小さな箱で大丈夫なのだろうか、という素朴な疑問。


(句帳から)

とほくから呼ぶ声のする夏野かな
駒草に吹き下ろす風火山から
誰もをらぬ部屋に扇風機のまはる

 
nice!(0)  コメント(0) 

第157回深夜句会(6/10) [俳句]

(選句用紙から)

自転車のまた通りたる夜釣かな

 季題「夜釣」で夏。ここで「また」は何だろう。一読して、夜釣の邪魔になる自転車がまた通りすぎた、という句かとも思ったが、少し考えてみると、詠み手はこの夜釣りに飽きてしまっていて、もはや時間の経過もよくわからなくなっているところへ、ふとわれに返るきっかけを与えるかのように自転車が通り過ぎた、という鑑賞のほうがおさまりがよいように思った。


やまぎはの代田は山を映さずも

 季題「代田」で夏。平地のまんなかの代田には空が、山際の代田には山が映るものだとばかり思っていた(私もそう思っていた)が、そうではなかったという驚き。「映さざる」でなく「映さずも」としたのは強調する意図か。とかく「も」は難しい。


低く高く低く翔びをり夏燕

 つばめの飛びかたを描いた句は多いし、もしかすると先例があるのかもしれないが、その速さや身のこなし?を描こうとすると、たしかにこんな表現がぴったり当てはまる。いやそれなら、ひばりだって高く飛んだり低く飛んだりするではないかと言われそうだが、つばめの場合はこれらがほぼ一瞬のうちに行われるということで、「低く高く低く」のたたみかけが効果的。


暮れ方の光をのせて山法師

 季題「山法師」で初夏。「光をのせて」がたいへん巧み。山法師の白い花(あれは花ではないのだそうだが)は枝先にあるからよく目立つのだけど、夏の日中の光は上の方からまっすぐに差してくるので、「光をのせ」た感じにはならない。それが、夏の日もようやく傾き、ほぼ真横からさしてくる時間になってようやく、山法師の白がなかば浮き上がるような光の当たり方になる。

(句帳から)

バス停に並ぶ夏服遠くから
夏草や車両通行止の先


nice!(0)  コメント(0) 

ベア・ウースマ『北極探検隊の謎を追って』(ヘレンハルメ美穂訳、青土社、2021) [本と雑誌]

20210624.jpg

久しぶりの一気読み。

この探検隊自体をまったく知らなかったのだけど、ナンセンと同時代にこんな挑戦をした人たちがいたのですね。それからおよそ100年遅れて、著者はふとしたきっかけから、とりつかれたように「この探検隊に何が起こったのか」を追究するのだけど、大筋を保持しながらdetailにも入り込んでいく感じがちょっと歴史人口学的というか、わが師匠の流儀というか。半ば冗談のように、この追究のために、わざわざ医学の道に入ったと読める記述があり、それができてしまう著者に驚くとともに、そこまで駆り立てるほどの謎って何なのだろうと率直に感銘を受ける。

著者が到達した結論は、あっと驚くようなものではないので、この探検隊のいきさつが、かの国ではたいへん有名な史実だそうなのだから、そういう説がすでに唱えられていてもおかしくないように思うのだけど、どうも一度も唱えられていないようで、ちょっと不思議ではある。

また、原文がそうなのか、訳者の腕前なのかはわからないのだが、ノンフィクションでありながら高度に詩的というか内面に立ち入ったというか、単なる事故調査委員会報告書のようなもの(いや、あれはあれで非常に読みごたえのあるものだけど)になっていないことも、好き嫌いはあるだろうが本書の魅力の一つになっている。
 
 


nice!(0)  コメント(0) 

蔵前仁一『失われた旅を求めて』(旅行人、2020) [本と雑誌]

20210531.jpg

プルーストの『失われた時を求めて』とは別の本です…って間違える人はいないか。

ずっと旅行者(非常勤?の旅行者だが)をやっていると、確かに「その後全然別の姿に変わってしまって、もう行きようがない場所」や「状況が変わってしまって、そこに行けない場所」がいくつも出てくるのだけど、それを(ほぼ)自分と同時代で示してくれる一冊。私にはインドのことはわからないけど、1980年代前半の中国って、たしかにこんな感じだったなあと。この著者と同時代にバックパッカーをやっていたおかげで、自分で一から説明しなくてもこのような記録にめぐりあうことができたことに感謝したい。

また、同じように現在から将来方向へ眺めてみれば、いま何気なく行っているけれども、将来は全然別の姿に変わってしまう可能性が高い場所とか、なんらかの事情で近寄れなくなってしまう場所もあるはずで、そう考えると、旅行者が目にするものってずいぶんいろいろな条件に制約されるのだなあと思う。

 


nice!(0)  コメント(0) 

二年越し・第10回ぐんま100参加の記録 [ウォーキング]

2020年

1月25日 昨年(2019年)の第9回大会参加者を対象にした「払込通知票兼参加申込書」が届く。これで払込手続をしておけば、混みあったサーバーにいらいらしながらウェブで申し込む必要がないのはありがたい。
今回が第10回の記念大会にあたることから、参加賞として、特別なデザインのTシャツをくださるとのこと。遠方からの参加者としては白無地のTシャツにぐんまちゃんをプリントしたシンプルなものが嬉しいのだけど、地元の方にしてみれば、なんで今更ぐんまちゃん、というのももっともな話で。

1月27日 さっそく手続完了。ついでに、前橋市内のビジネスホテルを予約。
 今大会の自己目標は、「19時間を切る」にする。
 ぐんま100を、びわ100と比較すると、
(+)コースの距離が短い(実質101.2キロある「びわ100」と比べると、これだけで15分ぐらいのアドバンテージ)
(+)太田市役所エイドで荷物の出し入れができる
反面
(-)コース上の信号がむやみに多く
(-)高低差がそこそこあり
(-)気温の日較差が大きい(昼は暑く、夜は寒い)ので消耗する
ので、総合的な条件はぐんま100のほうが厳しいと判断する。なので、「19時間を切る」という自己目標は、自分としてはハードルを一段でなく二段上げたつもり。

2月12日 参加受付控が届く。ずいぶん若い番号。そんなに快足でもないのに、申し訳ないような。

4月1日 開催延期のお知らせ。残念。でもまあ、予定通りに開催できる状況じゃないことは明らかですよね。来年(2021年)の5月16-17日に開催予定とのこと。それまでに、世の中が落ち着いているといいのだけど。

4月23日 開催延期の通知が郵便で届く。封筒の中に、ヒマワリの種が入っている!これは蒔かないと。

ということで、今年の「ぐんま100」は幻に終わってしまった。来年に期待。

8月 ミニひまわりが5本、きれいに咲いた!すてきなプレゼントでした。

2021年

3月1日 開催するか否かの基準は、「4月4日時点で群馬県内の市町村の警戒度が3以下であること」とのこと。この時点では、伊勢崎市と太田市の警戒度が4になっている。
4月4日 大会開催が決定。しかし、現在の実行委員会による開催はこれが最終回とのこと。残念。
5月1日 書類が到着。ずいぶん若いゼッケン。世の中がこんな状況なので、エイドステーションがないのはむしろ当然のところだが、太田市役所での荷物引出ができなくなってしまった。この変更は痛い。防寒具一式をスタート地点から全部背負って歩かなければならないので。

5月8日 気象庁の週間予報。15日は曇時々晴、降水確率30%、最高気温26度、最低気温17度。これだと去年とほぼ同じか。

Screenshot_2021-05-08 気象庁|天気予報.png

5月14日 前橋へ移動。あすは終日曇りで気温は20度前後と理想的な予報になっている。

5月15日 午前11時スタートの指定だったが、40分前にスタート地点に行ってみると、もう出発していいよとのこと。さっそくタイムカード?を提出してスタートする。一斉でないので、前後に人がいないから気楽に歩けるかと思ったが、逆に焦りが出てやたらと早く歩いてしまう。
あらかじめわかっていたことだが、信号がひどく気になって、早歩きや小走りを繰り返す。これが災いしたのか、45キロを過ぎたあたりで、これまで全く故障したことのない左膝が爆発。加圧タイツの上からバンテリンを塗ってごまかすが、50キロを過ぎて1キロ12分を維持できなくなり、53キロを過ぎて1キロ15分すら維持できなくなって万事休す。
56キロ地点のリタイアポイントで回収バスを待ちながら、呆然とする。

5月16日 スタート地点に預けた荷物を回収しながら反省。まあともかく練習不足というか、全然練習していないのに自己ベストとかおこがましいにも程があるというものですね。
また、ぐんま100は今回が最終回なので、このコースを歩くことはもうないのだけど、もしもう一度歩くとしたら、故障回避を最優先に、1キロ14分ぐらいのペースで「信号を気にせず歩く」ことを徹底しないとダメなんだろうなと思う。

(6.2追記)いまさらではあるのだけど、このユニークな大会を発案し、第10回までずっと運営されてきた実行委員会のみなさまに深くお礼を申し上げたい。最後の2回に参加しただけではあるが(しかも2回目はリタイアしておいて言う資格があるのか怪しいが)群馬県に職場や故郷をもたない自分にとって、群馬県といえばぐんま100、ぐんま100といえば群馬県、みたいな絶大な存在だった。他の大会と比べる趣旨ではなく、運営に携わる人の気持が感じられることの多い大会で、感謝している。



nice!(0)  コメント(0) 

第156回深夜句会(5/6) [俳句]

(選句用紙から)

行春やひとり抜けたる社員寮

 季題「行春」で晩春。どのような社員寮なのか定かではないが、「ひとり」とあるので独身寮だろうか。古典的な独身寮なら、寮母さんがいて食事も時間が決まっていたりするので、共同生活の趣が強くなるのだけど、転勤なのか退職なのかそれとも独身寮の年齢制限なのか、そこから「ひとり」抜けるとなって、その抜けた人の新たな季節と新たな生活に、残された者(たち)が思いをはせている。

かるの子のくいくいすすむ水面かな

 季題「軽鳧(かる)の子」で夏。「くいくい」の音の響きが心地よい。

しやぼん玉地面を這いて浮き上がる

 季題「石鹸玉」で春。地面に向かって降りていったシャボン玉だが、そのうちのあるものは、地面に接することなくそのまま低空飛行をつづけ、さらに浮き上がって遠ざかっていく。そんなふうに風が吹いているからなのだろうけど、そう言われれば確かにそういうことがあって、その風も、真冬の風や秋の風と違った、春の風なのだろう。

連休の谷間の初夏の丸の内

 連休の谷間であって、かつ初夏であるという。一帯の緑も色が濃くなってきて、これまでとはだいぶ趣が変わってくる。

根に岩を抱きて夏木立ちにけり

 「岩をかかえこむように生えている木」自体は類句がありそうだけど、この句の眼目は、「一年じゅう岩をかかえこむように生えているその木が、夏になったいま、豊かに繁って風に揺れている」ことが、同じ木の真冬の姿、すなわち、岩と一体化したかのように静止している姿(それはそれで、また別の詩情を感じさせる)と正反対だから。

(句帳から)



nice!(0)  コメント(0) 

村井理子『兄の終い』(CCCメディアハウス、2020) [本と雑誌]

20210429.jpg

人がどんな人であるか(あったか)は、体重計の数値のように客観的に計測することはできないので、周囲の人との間に何が起こり、周囲の人がどう感じたかから導くしかないのだろうけど(三浦しをん「私が語りはじめた彼は」)、それが一人の人のなかで、さまざまな事実に触発されて起こるところにこの本の味わいがある。多くの読者が、自分だったらどうだろうと考えながら読むのではないだろうか。


nice!(0)  コメント(0) 

第155回深夜句会(4/8) [俳句]

IMG_5313.jpg

(選句用紙から)

自習室の橙色の春灯
 季題「春灯」。自習室があるのは予備校のビルの一角なのか、学校なのか、そこに青白い蛍光灯ではなく、電球色のあかりが灯っている。むろん一年中電灯はついているのだけど、この季節になると、柔らかく暖かみのあるあかりの色に、真冬には感じられなかった興趣が感じられるようになってきた。

小田急の鉄橋遠く春の水
 小田急の「鉄橋の下」なら目の前に春の水があるのだけれども、「鉄橋遠く」なので、春の水も、小田急の鉄橋も遠くにあって、さらに(小田急だからして)そのむこうには丹沢や富士山なども見えているのだろう。その山々の姿も、冬から春のようになってきている。

花屑や暗渠はどこまでもたひら
 季題「花屑」。暗渠をただよう花屑は見えないはずだが、部分的な開渠があって見えているのか、それとも見えていないものを詠んでいるのか。「どこまでもたひら」で、暗渠の上は道路や遊歩道になっていることが想像され、実際にはわずかな傾斜に沿ってゆっくり流れているのだとしても、詠み手の脳裏には、花屑が暗渠の同じ場所にずっと漂っているように思われ、それがある種の季節感と詩情をもたらしている。

引継を終へて仰げる桜かな
 仰ぐというからには、オフィスの窓から見上げる角度に咲いているのだろう。きのうきょう植えられた桜ではなく、ことによると新入社員だった時代からそこにあるのかもしれない。あとはよろしく、と桜にも挨拶をして立ち去りたい気分。

(句帳から)


nice!(0)  コメント(0) 

松本創『軌道 福知山線脱線事故 JR西日本を変えた闘い』(新潮文庫、2021) [本と雑誌]

20210415.jpg

敵味方とか、悪者対正義の味方とか、善悪二元論でしか世の中を見られない人は少なからず見かけるのだけど、そういう人にとって、この本はつまらないことだろう。
しかし、そういう構図を使わずに話をつめていこうとすると、敵味方じゃないだけに話は一直線には進まず、三歩進んで二歩後退するみたいな経過をたどるし、メデタシメデタシにはならないし、同一人物の発言のなかにもさまざまな矛盾が現れたりするので、読み手にもそれなりの我慢が要求される。そこに本書の価値があるように思う。

また本書では、何人かの重要人物について聞き書きをしており、この聞き書きが重要だと思う。特に、この会社の「天皇」とも評される人物の談話は、他に2人の記者が同席している場での話なので信憑性が高く、従って資料的価値という点でも本書には意味があると思う。


nice!(0)  コメント(0) 

日下三蔵編『狂った機関車 鮎川哲也の選んだベスト鉄道ミステリ』(中公文庫、2021) [本と雑誌]

20210329.jpg
うーんこの。読む前には想定していなかった感想が。

コナン・ドイルの「シャーロックホームズの冒険」シリーズに描かれているイギリスは、ヴィクトリア時代のイギリスだと思うのだけど、ヴィクトリア時代について何も知らなくても、十分楽しむことができる。

他方、この本で紹介されているミステリは、いずれも戦前から戦後まもなく書かれたものなのだけど、いま読んでみると、ひどく古めかしいというか、すっと入り込めないものを感じてしまう。特に、ホワイダニット(犯行の動機)の部分がよくわからない。
またどの作品も、発表された当時は随所に最新の習俗を取り入れたものだったと思うのだけど、それが仇になったというか、最新式であることが価値の中心を占めた結果、最新式でなくなった瞬間に価値が暴落したというか。

この本で一番関心を惹かれたのは、編集者には申し訳ないことだが、表紙の写真だ。薄暮のころ、雨に濡れた島式ホームの片側に101系だか103系だかの電車が入ってきて、もう片側には2軸貨車を連ねた貨物列車が止まっている。隣のホーム(たぶん)には、2扉と3扉の旧型国電が止まっているという風景。けっこう珍しい組み合わせと思うのだけど、これはいつ、どこの駅で撮影された写真なのだろう。

 
nice!(0)  コメント(0) 

第154回深夜句会(3/11) [俳句]

20210311.jpg

(選句用紙から)

つくし生ふ池上線の土手低し

固有名詞を持ってくると、細かく説明しなくても読み手に大量の情報を伝えることができる。そこが
逆に怖いところでもあるのだけど、この句では池上線の「土手」が詠まれている。電車の「土手」自体 がややクラシックなものになりつつある中で、低めに築かれた土手は、郊外電車が盛んにつくられた時 代と、それをずっと守り続けてきた会社や沿線の人々を連想させる。季節になるとそこにつくしが生え ることを知っている地元の人は、勝手に土手に入り込んで摘んでいるのかもしれない。

軽トラの荷台に零れ藪椿

この藪椿はどこに咲いているのだろう。果樹園の隅か、生産緑地か、農家の庭先か。「軽トラ」とい
う素材自体が、それほど大規模でない農家を連想させ、荷台に何が載っているのか、となるわけだが、 ここでは資材や収穫物ではなく、カラの荷台に藪椿の花が落ちている。白い車体に赤い藪椿の花。

徘徊の祖母の健脚春の闇

「春の宵」だったら、ああ見つかってよかった。それにしてもおばあちゃんは健脚だね、という苦笑
いが想像されるが、「春の闇」となると事態はにわかに深刻いや不穏になり、まだ見つかっていないか、現に暗闇の中を歩いているところに遭遇したように感じられる。そうなると、「健脚」という強い言葉が独自の物語となって立ち上がり、読み手にいろいろなことを考えさせる。

何となくコアラに似た子ねんねこに

季題「ねんねこ」で冬。歳時記が編まれたころのような「ねんねこ」は当節あまり見かけなくて、体の前で抱える形のものが連想される。あれは多くの場合、親と向かい合うように、つまり進行方向にこどもの背中が向くように抱えるのだけど、進行方向にこどもの顔が向くように抱えるタイプもあって、これは直截にカンガルーとかコアラを連想させる。その子が目を閉じて眠っている様子が、さらにコアラを思わせる、という句。

卒業す僕らを乗せて⻄武線

「私」でも「おのれ」でも「僕」でもなく「僕ら」。
僕らを乗せて走っていくこの電車の先には、何が待っているのだろう。

(句帳から)

お隣もそのお隣も花ミモザ
苗札のうち何枚か子供の字
バラックのやうな横丁蕨餅
島までは船で三分風光る

nice!(0)  コメント(0) 
前の15件 | -